治験例

坐骨神経痛03

title_01
女性 30代 神奈川

title_02
2012年9月

 title_03
もともと左腰は重たかったが3日前からすごく痛くなった。

title_04
疲れていて気力がない、足のむくみ、だるさ

title_05
特になし

治療の内容と経過

季節の変わり目で気温の差が激しく、体調を崩しやすい時に、もともとの腰痛が悪化して来院された。診察すると腰だけでなく左脚の冷え・むくみがひどく、下半身の循環が悪くなっている状態と判断し、気血の循環を促すような鍼を行った。翌々日来院された時は、だいぶ痛みは楽になり仕事にも行けるほどになっていた。痛くなってからより、痛くなる前に治療した方が早く良くなる事を伝え、隔週で3ヶ月ほど来院してもらい、体調が安定してきたので、今は月1回で様子をみている。

使用したツボ
(本治法以外)

大腸兪、環跳、会陽

まとめ

季節の変わり目で気温の差が激しい時期は神経痛が起きやすく、仕事も休まなければいけない位に痛くなることもある。腰痛を含め、どのような症状も悪くなる前に来院してケアすることが大切である。

<</3>>