治験例

肋間神経痛

title_01
女性 60代 神奈川

title_02
2012年5月

 title_03
首肩こりがひどく、最近は左の胸部まで痛みが走るようになった。

title_04
首肩こり・腰痛

title_05
特になし

治療の内容と経過

上半身の筋緊張がひどく、特に左首から肩甲骨付近にかけて鉄板を入れたような強い張りがあった。全身の筋を緩めることを目的に本治法を行った後、左の首筋から左肩甲患部を局所的に緩める施術を行った。その時の神経痛は1回の治療で治まったが、仕事が忙しくなると肩こりがつらくなるため、その度に月1回程度来院を継続している。

使用したツボ
(本治法以外)

膏肓 心兪 天鼎

まとめ

肋間神経痛の原因はほとんどが背中の極度な筋緊張であることが多い。その緊張を緩めれば痛みは緩和する。しかし神経痛までの症状がでる時は首肩のこりもひどくなっており、呼吸や睡眠が浅くなってしまい回復力も低下してしまい体調不良につながる。肩こり程度の段階で体の筋緊張を緩めると予防につながるので、体調管理のための治療も効果的である。

<<1>>