治験例

自律神経失調症

title_01
男性 30代 神奈川

title_02
2006年3月

 title_03
20代前半に体調不良が続き、その頃から入眠困難になり、寝ても疲れが取れなくなる。緊張すると手や足の先に汗をかきやすく、すぐに冷えてしまう。時々、ふわふわとめまいのようなだるさを感じ、なんだかスッキリしない。

title_04
眼精疲労・頭痛

title_05
急性膵炎

治療の内容と経過

首から背中にかけて特に脊柱起立筋の筋緊張が強く、交感神経が高ぶっていたので、背兪穴の圧痛部に刺鍼し、全体的な緊張を緩めた。週に1回のペースで2~3回ほど同じ施術を行なったところ、ぐっすり眠れるようになった。眠りが深くなったためか、全身のだるさは軽減し、少しずつ汗の量も回数も減ってきている。今後はしばらく週に1回のペースで身体の緊張を定期的に緩める治療を行う予定である。

使用したツボ
(本治法以外)

膏肓 然谷

まとめ

交感神経緊張型の体質を改善し、身体が温かい状況が続くようになると、睡眠の質も上がり、疲れが取れやすくなります。ぐっすり眠れる身体づくりが大切なので、間隔は徐々にあけながら、継続して治療をすると自律神経のバランスがとりやすくなるでしょう。