治験例

顔瞼痙攣

title_01
女性 60代 神奈川

title_02
2011年12月

 title_03
右眼が疲れやすく、眼がかすんで見えにくいことが多くなった。この1週間、右首から肩にかけて鈍痛を感じ、眠りも浅い。時々、右瞼がピクピク痙攣し、治まらなくなることがある。

title_04
目のかすみ・肩こり・腰痛

title_05
特になし

治療の内容と経過

後頚部のこりが強く、特に右側は後頭部が重く感じるとのことで、右側の耳下腺から鎖骨上リンパにかけての圧痛を取る施術を行った。また、右眼球が固くなって充血していたため、眼輪筋の緊張を緩めた。週に1回のペースで4回来院したところ、眼瞼の痙攣の回数が減り、目のかすみも軽減した。首や肩のこりは治療後2~3日は調子が良いが、少しずつこり感が戻ってしまうとのことで今後も週に1回のペースで来院予定である。

使用したツボ
(本治法以外)

瞳子髎 角孫 翳風

まとめ

眼精疲労や肩こりが強くなったり、自律神経の働きが乱れると、眠りが浅く、顔瞼痙攣を引き起こしやすくなります。日頃から眼の疲れや肩こりを予防し、熟睡できるようケアすると良いでしょう。