治験例

不定愁訴

title_01
女性 20代 神奈川

title_02
2010年11月

 title_03
半年ほど前からひどい吐き気に襲われ、食欲もなく、夜も眠れない日々が始まった。足は冷え、下肢全体が浮腫みで重だるく、のぼせが出ると頭も痛くなる。

title_04
逆流性食道炎・頭痛

title_05
側湾症・自律神経失調症

治療の内容と経過

背中に強い筋緊張がみられ、特に右背中と左腰が突っ張って、側湾が顕著であったため、左右の筋肉のバランスを整える治療を行なった。背中の筋肉が緩むと、呼吸が楽になり、胃部不快感は軽減した。治療後、2~3日は調子が良く、吐き気や不眠が治まるが、1週間もするとまた背中が張って症状が出てきてしまう。暫くは週に1回のペースで治療を継続する予定である。

使用したツボ
(本治法以外)

胃兪 胃舎 膏肓

まとめ

背中の筋緊張を放っておくと、胃腸を圧迫し、呼吸も浅くなります。自律神経に悪影響を及ぼす前に、身体の緊張を取り、リラックスできる状態をつくると良いでしょう。