治験例

頭痛

title_01
女性 20代 東京

title_02
2009年7月

 title_03
1年前の職場での部署異動を契機に業務内容がガラッと変わり、気を遣うことも増えたせいか、肩こりを感じるようになった。また、2、3ヶ月前から慢性的に頭痛が出るようになり、今は週に1回は鎮痛剤を服用している。常に頭がすっきりしないとのこと。


title_04
生理痛、下肢のむくみ、冷え性

title_05
特になし

治療の内容と経過

仕事の業務内容が事務職から営業職に変わったことで、今まで以上に気を遣うようになったためか、無意識のうちに肩に力が入って、脱力できないという状態が続いている。慢性的に首肩、背中の筋肉が緊張してしまっているのが頭痛の原因と考え、全身の気血の流れのバランスを整えた上で、背中のこりから少しずつ緩めていく治療を行った。やや体力の消耗が見られるため、治療量が多くなり過ぎないように留意した。こりの根が少し深かったこともあり、計5回の来院で慢性の頭痛は治まった。現在は生理痛の改善のために来院中。

使用したツボ
(本治法以外)

まとめ

頭痛になる前の肩こりを自覚した段階で治療を受け、こまめに身体のバランスを整えておくことにより、症状の悪化や他の症状の発生を予防することができます。