治験例

肩こり

title_01
女性 60代 神奈川

title_02
2009年9月

 title_03
肩こりは常に自覚があり、ひどくなると背中まで張って息苦しくなる。マッサージを受診した翌朝に頭痛が始まり、左の示指の痺れが強くなった。


title_04
頭痛・頚腕症候群

title_05
高血圧(降圧剤服用)・変形性膝関節症

治療の内容と経過

首全体に熱感があり、また僧帽筋の緊張が強かったため、熱感を取るお灸と筋緊張に対しては鍼で緩め、首と肩甲骨の動きをよくするよう施術した。2日間続けての来院で、首から背中にかけての張り感は軽減し、頭痛も治まった。左示指の痺れはあまり変化が見られなかったが、週に1回のペースで肩や腕をほぐす施術を行なった結果、10回目の治療後には痺れも弱くなり、気にならなくなった。

使用したツボ
(本治法以外)

肩井 缺盆 膏肓

まとめ

肩こりは慢性化すると、様々な症状を引き起こします。頭痛やめまい、脳梗塞などの循環障害の予防のためにも月に2回(隔週)のペースで治療を受けると効果的です。