治験例

へバーデン結節

title_01
女性 50代 神奈川

title_02
2012年5月

 title_03
両手指(第1関節)の特に示指と中指に強い張りと違和感があり、特に朝方はしびれ感や痛みがでることもある。動かしているうちに少しずつ楽になるが、腫れはひかない。


title_04
首肩こり・アレルギー性鼻炎

title_05
特になし

治療の内容と経過

右示指と中指の第1関節に腫れが顕著であったため、関節を挟んで左右から施灸した。両首肩から背中にかけての筋緊張を緩め、特に右腕の強張りに対しては右手三里に鍼と灸を施した。1回目の施術後、また強張ったとのことで、週に1回のペースで2ヶ月来院したところ、腫れは軽減し、指の強張りも落ち着いてきた。週1回のペースで来院継続している。

使用したツボ
(本治法以外)

肩井 手三里

まとめ

慢性的な症状のため、また手指はよく使う部位なので、使いながら治していくことが望ましい。多少痛みがあっても使わずにいると悪化する可能性があるため、継続的に治療し、動かしやすくすることが大切である。