治験例

頚肩腕症01

title_01
女性 40代 神奈川

title_02
2009年10月

 title_03
もともと首肩こりが気になっていたが、1週間前に転倒した時に右半身を強打したのをきっかけに右手までの痛みと痺れを感じるようになった。夜間痛もありあまり眠れない。ここ数年、朝目覚めた時から首肩こりが気になっている。

title_04
パニック障害・冷え症・下肢のむくみ

title_05
特になし

四診と経過

【四診と施術】首、肩、背部まで筋肉の強張りがみられ、頚椎部に異常な隆起を確認しました。10代の時に整形外科医から頚椎の狭窄症との診断を受けたそうです。足の冷えが酷く、下肢も浮腫みが顕著でした。そこでまず、上肢の強張りを緩め、気を全身に巡らせるという方針をたて、施術に臨みました。こうして、右の肩甲骨から首周りへと強張りを緩めていくと、右手先に何かが流れていくような感じがしてきたとの感想をいただきました。

【診療の経過】受信後の翌朝、起きてみると、10年来の首肩こりが感じられなかったとのことでした。右の頚肩腕症については、3回の施術で痛みと痺れは治まりました。その後は、体質改善を目的として、隔週または月1回のペースで来院されています。また、15年程前に発症したパニック障害もあるとのことで、毎年春には薬が増えていたのですが、今春は、薬を飲まずに過ごせたと喜んでいらっしゃいました。下肢の冷えや浮腫みも以前に比べて大幅に解消し、体質も徐々に改善されてきている様子が窺えます。

使用したツボ
(本治法以外)

欠盆、膏肓、肩井

まとめ

傷めた肩部に、夏場のクーラーによる冷えが加わり、夜間痛にまでに発展してしまった症例と思われます。夜間痛もなくなり、可動域も広がってはいますが、まだ完全には治りきってはいません。季節の変わり目や冷えは要注意です。一度痛めた肩は治癒してもぶり返すことがよくありますので、改善部のメンテナンスのために定期的な受信をなさることが予防につながります。