治験例

頚肩腕症02

title_01
女性 30代 東京

title_02
2010年7月

 title_03
慢性的に首と肩の凝りを感じていたが、3日前からは腕から指先にかけて痛みを感じるようになった。来院の前夜には、夜間痛まで出て、よく眠れなかったとのことでした。

title_04
特になし

title_05
特になし

治療の内容と経過

【四診と施術】右首から腕、指先、背中にかけて痛みがあり、首、肩背部の筋肉が凝り固まっていました。それが原因となって、呼吸も浅く、下肢への循環も悪く、足の冷えや浮腫みもみられましたので、以下の手順で施術しました。 はじめに、全身の筋肉の緊張を取り除き、その後に右首肩まわりを緩める施術を行ったところ、ご本人から「肩の力が抜け、呼吸が楽になった」との感想を頂きました。

【診療の経過】急性の症状だったため、次の仕事休みにあたる4日後に再受診していただきました。夜間痛は治まったが、痛みはまだ残っているとのことでした。3回目の施術で、肩から指先にかけての痛みも解消しました。初診時は、痛みと仕事の疲れから元気もなく、声もか細かったのですが、来院の度に、話し声もしっかりしてきて表情も明るくなり、好転していくのがわかりました。ご本人は、久しぶりに肩凝りがなくなり仕事がしやすくなったと喜んでいらっしゃいました。

使用したツボ
(本治法以外)

欠盆、膏肓、肩井

まとめ

初診時は、痛みと仕事の疲れから元気もなく、声もか細かったのが、治療を重ねるにつれ話し方もしっかりしてきて表情も明るく変化していくのがわかりました。ご本人も「久しぶりに肩こりがなくなり仕事がしやすくなりました。」と喜んでいらっしゃいました。