治験例

むち打症

title_01
女性 30代 神奈川

title_02
2011年3月

 title_03
車の追突事故により、左頚椎を損傷し、事故後1~2週間後から吐き気にみまわれ、左首から腕にかけて鈍い痛みを感じるようになった。最近は頭痛やむくみも頻繁に起こるようになる。

title_04
首肩こり・背中の痛み・頭痛

title_05
頚椎捻挫

治療の内容と経過

左右ともに頸部から背腰部にかけて、強い筋緊張があったので、全身(特に上半身)の緊張をほぐし、左頸部の患部は最後に残った左痛のみに施術した。できるだけ患部の施術は控え、周囲の緊張を軽減するように週に3回の治療を行なった。その結果、吐き気は無くなったが、左の偏頭痛が表れ、むち打ちを起こしていた。左頸部の治療を週に2回のペースで1ヶ月続けたところ、痛みはほぼ治まった。左腕のだるさが取れないため、今後は週に1回のペースで来院の予定である。

使用したツボ
(本治法以外)

肩井 天柱 手三里

まとめ

むち打症は後になってから次々と色々な箇所に不調が発生する場合があるので、早い時期に治療を開始し、派生して患部以外の箇所まで怠くならないよう施術した方が良いでしょう。