治験例

切れ痔

title_01
女性 20代 東京

title_02
2012年5月

 title_03
半年くらい前から排便の度に痛みを伴う出血が始まった。病院で左側の切れ痔と診断され通院したが、特に改善の兆しが見られず鍼灸を受診した。

title_04
強い足の冷え症(自覚なし)・首肩こり

title_05
特になし

治療の内容と経過

足の冷えと浮腫みがひどく、痔の原因にもなっているので、水分代謝をあげる治療を行なった。足の浮腫みをとるために、股関節の張りを緩め、さらに左側仙腸関節の硬結を緩めるよう施術した。週に1回のペースで3回目の治療後には痔の症状は治まった。

使用したツボ
(本治法以外)

左八髎穴 小腸兪 腎兪

まとめ

切れ痔の原因は便秘が多いと言われている。冷えの強い方は便秘にもなりやすいので、日頃から冷えないように配慮することが大切である。靴下や腹巻き、カイロなどで足や腰を温めるなど、鍼灸治療に加えて日常生活の中で冷え防止対策をすると体質も変わり、体調も改善される。特に痔の症状でお悩みの方は腰臀部の冷えには注意が必要である。