治験例

せき喘息

title_01
女性 50代 神奈川

title_02
2010年7月

 title_03
生まれつき気管支が弱く、季節の変わり目になると頑固な空咳を発症することが多かったが、1ヶ月前に風邪をひき、発熱・悪寒を伴った後、解熱し始めた時から咳が出始めた。喉につまり感があり、突如となく一度咳込むと止まらない。最近は心配事があると、一層咳の回数が増してしまう。夜中も咳で眠れないことがある。

title_04
左首肩こり・頭痛・足先の冷え

title_05
気管支炎・アレルギー性鼻炎

治療の内容と経過

両側頚部が固く緊張しており、咳のし過ぎで胸鎖乳突筋がパンパンに張っていたため、頚の可動域が小さい。初めに首周りをほぐし、また背中の筋緊張をとる施術を行った。週に1回のペースで同様の施術をし、3回目の治療後には睡眠が良くとれるようになり、咳の回数も軽減した。まだ、喉のつまり感が取れないので、今後も週に1回ペースで来院を予定している。

使用したツボ
(本治法以外)

大椎 天窓

まとめ

咳により、喉の炎症も慢性化し、眠りも妨げるので、特に咳が発症しやすい季節やストレスを強く感じた時は早めに受診すると良いでしょう。