治験例

膀胱炎01

title_01
女性 40代 東京

title_02
2008年7月

 title_03
3年前から1~2ヶ月に1回程度、激痛に襲われる。病院に通っているが、根本的な治療までに至らず、痛みの酷い時には鎮痛剤の点滴を受けている。症状は一向に改善せず、貧血までが加わってきた。日常生活もままならない状況に不安を募らせ、ネット検索で知ったということで、来院なさいました。

title_04
冷え症、むくみ、貧血、頭痛、肩こり

title_05
顔面神経麻痺

四診と経過

【四診と施術】全体的に浮腫みがあり、水分代謝がうまくできていない状態でした。真夏にもかかわらず足も極度に冷えており、身体全体が寒いと訴えられていらっしゃいました。また、下腹部が異常に固く、膀胱の機能低下が触診で確認できました。間質性膀胱炎の主な原因としてストレスが挙げられますが、ご本人は、子育てに強い不安とストレスを抱えており、お子さんのことでイライラするとお腹が痛むとのことでした。全身のバランスを整えた後、下腹部の硬さをとるために、腹部を施灸により温めました。また、日常生活で冷えないような服装(首にタオルを巻いて寝るなど)やストレス解消法についての助言をさせていただきました。

【診療の経過】2回目の施術後、症状に改善の兆候が現れました。その後、施術を重ねるたびに足の冷えが治まり、腹部も徐々に柔らかくなって痛みも和らいできました。12回ほどの診療を継続した後、、症状は完治の方向へ向かい安定していきました。

使用したツボ
(本治法以外)

水分、関元、気海、三陰交

まとめ

“いろいろな事をからだに溜め込む”方が多くいらっしゃいます。ストレスもそうです。ストレスを溜め込むと、体内循環が停留しだして、水分などがうまく輩出できなくなり、全身が浮腫んで冷えに襲われます。からだの滞留物をうまく外に出していくことで徐々に改善がみられます。また、水分代謝がよくなることで体重の減少にもつながります。今回の患者さんは、「体重が3kg減ったわ」と大喜びされていました。 体内循環の回復は、単に体重減少というだけでなく、肌のハリやツヤの回復など、美容にも重要に思います。