治験例

円形脱毛症02

title_01
女性 30代 東京

title_02
2008年9月

 title_03
本人に自覚症状はなく、家族に言われて気付いたとのこと。患部の大きさは100円玉くらいで位置は頭頂部付近。初めてのことに驚き、即日来院されたとのこと。

title_04
肩こり、むくみ、冷え症

title_05
特になし

治療の内容と経過

いつもは頭痛を主訴に来院されており、普段の会話の中では突然の大きなストレスがあった様子はない。しかし、何事にも一生懸命に取組み、常に100%以上の力で行動してしまうエネルギッシュな方で、今回は常日頃の小さなストレスが積もり過ぎてしまった様子だった。診察したところ、全体の気の流れのバランスが崩れ、下肢のむくみと冷えが強くなり、水分代謝が悪くなっているのが原因と診られた。まずは、全身のバランス調整を行い、むくみと冷えを取り除く治療をした後、頭皮に熱さを感じるまでお灸を施灸。3日後に再来院された時は、冷えやむくみに少し改善がみられていた。その後、週1回のペースで7回程度治療をしたところ、全体的に髪の毛も生えてきた。

使用したツボ
(本治法以外)

腎兪、委陽

まとめ

円形脱毛は、本人ではなかなか認識しにくい症状であるため、気付いた時には大きくなっているケースが多いようです。今回の患者さんも、突然発覚した症状に驚きと不安が入り混じった様子で来院されましたが、「鍼と灸でよくなりますよ」とお伝えすると、安心なさったようで、「恥ずかしかったけど、意を決して相談して良かった。」と明るい表情でお帰りになられました。現在は、脱毛はすっかり治り、肩こり治療で来院されています。