治験例

金属アレルギー

title_01
女性 20代 東京

title_02
2012年1月

 title_03
ピアスやネックレスをすると、接触部位に発赤や痒みが出る。耳はただれ、引っ掻くと血が出る時もある。首周りもネックレスの痕がくっきりとわかるくらいの赤みと痒みが出る。

title_04
花粉症・頭痛・冷え症

title_05
アレルギー性鼻炎

治療の内容と経過

耳たぶや首周りの炎症を起こしている患部に施灸した。首や肩のこりをほぐし、頭痛が起きないように治療を行なった。また、足先の冷えも強いので、病症が首周りや顔面部など上焦の方に出やすいのを防ぐために、腰部の筋緊張を取り、下肢への血流を促す治療を行なった。金属アレルギーは痒みや赤みが出たらすぐに受診するよう提案し、慢性的な病症に関しては月に2回のペースで治療を継続する予定である。

使用したツボ
(本治法以外)

手三里 肩井 腎兪

まとめ

アレルギー体質は粘膜を強化する治療を継続すると改善されることが多いようです。季節の変わり目やストレス過剰な時は集中して治療を受けると良いでしょう。