治験例

ニキビ

title_01
女性 20代 神奈川

title_02
2012年7月

 title_03
仕事をはじめてからニキビが特にひどくなりはじめた。あごの下のニキビを治したいと来院した。あごの下のニキビが治ってはまたできるの繰り返しであご下の皮膚が常に赤くなっている。

title_04
肩こり、冷え症、生理不順

title_05
特になし

治療の内容と経過

肩はパンパンに張っていて足は夏でも冷たく、本人も冷え症だと自覚していた。気血の上下バランスが整っていない状態だったので、気血の上下のバランスを整え、足のあたたまるような治療を行った。あごのニキビには糸のような細さで、ほんの少しの刺激を加え、体の中にこもった熱をとるようなお灸をすえた。 翌週来院した時にはあご下の赤みが引きはじめ、本人も驚いており、その後1週間間隔で来院している。

使用したツボ
(本治法以外)

血海、三陰交、肩井、痞根、手三里

まとめ

ニキビは10代だけでなく、20代30代でも悩んでいる人はたくさんいる。 ニキビを治すには皮膚だけでなく内臓から整えることが重要で、まず内臓の働きを高めるために気血の流れをよくし、足の冷えを改善し、上半身に上った熱を下げるような治療を行った。治療した日は眠りが深くなるなど変化が現れ、今ではあごの下の赤みを化粧で隠して、それがもとでまたニキビができるという悪循環を断つことができた。