治験例

急性咽頭炎

プロフィール
 女性  20代  神奈川県在住

初診
  2016年 3月

主訴

  花粉症による急性咽頭炎

 

来院されるまでの症状
喉頭炎になる数日前に扁桃腺が腫れたがすぐ治った。その翌日、朝起きると、声を出そうとしてもかすれて出ない。喉の痛みはまったくない。朝は水のようにサラサラとした鼻水が多量に出る。夕方になるにつれて咳き込みがひどく、長く話すことができない。喉の奥の中央あたりにスカスカするような違和感があるといった経過と症状を訴えられ、来院なさいました。

他の症状
肩こり、鼻水

 

既往歴
なし

四診と経過

診療(指針と施術)

喉頭奥の中央は腎経の通っているところなので腎虚と診断しました。
腎経の流れている所は喉にもあるので、その巡りをよくする目的で鍼をしました。
施術後、声が通るようになり声質も清音に近づいていました。首周りは熱感はないものの滞っている違和感がありましたので、接触瀉法(しゃほう)をしました。

初診後の経過

一度だけの施術でしたが、無理な声の出し方をしないように気をつけていたら、数日の内に快癒したということです。

主要なツボ

①華蓋(かがい) ②治喘(ちぜん)  ③腎兪(じんゆ)

 

ひとこと添えさせていただきます

喉頭炎は、ウイルスや細菌による感染が多いです。この患者さんの場合、花粉症で粘膜の抵抗力が弱っているところに細菌やウイルスが侵入したと考えられます。鍼灸でも喉頭の炎症をひかせることは十分効果的です。喉頭の周辺に使用したツボのように反応点があるので、そこに正しい処置をすればその場で改善が見られます。