治験例

三叉神経痛

プロフィール
 女性   40代  神奈川県在住

初診
  2010年 7月

 

 

来院されるまでの症状
左首から側頭部にかけて鈍痛があり、1週間前から左耳鳴りが始まる。徐々に左頬がピリピリと感じ、風が当たると痛みを感じるようになってきた。目の周りも疼痛があり、夜も眠れない。鎮痛剤服用のため、胃腸も不良になってきた。

他の症状
頭痛・肩こり

 

既往歴
右顔面神経麻痺・卵巣膿腫

四診と経過

診療(指針と施術)

痛みが左眼まわり、頬に強く出ていたため、三叉神経第2枝の神経痛と判断し、神経に沿って圧痛部に施灸しました。また、左の耳下腺と左鎖骨上リンパが硬く張っていたので、その滞りを流すように施術いたしました。


初診後の経過

隔週で全10回の治療でほぼ痛みは無くなり、鈍い違和感も残っていたが、あまり気にならなくなったということです。今後も再発防止のため、治療を継続する予定です。

主要なツボ

①翳風(えいふう) ②完骨(かんこつ)
③風池(ふうち)  ④缺盆(けつぼん)

 

ひとこと添えさせていただきます

三叉神経痛は特に季節の変わり目や寒い時期に再発することが多いようです。今後も身体の気血の循環を良くし、リンパや血流が滞らないようケアしていくことで再発の予防になりますので継続治療をお勧めしております。