治験例

不安神経症

プロフィール
 女性   40代  神奈川県在住

初診
 2015年 5月

主訴
 
胃の不調、肩こり

 

 

来院されるまでの症状
昨年から食欲がなくなり嘔吐してしまう。食べられないと痩せてしまうのも不安。すぐに「病気(癌)なのではないか」と不安になる。身体が冷えている感じがする。身体のこりを感じるがどこがこっているのかわからない、などの症状が現れる。メインの仕事とは別に夜勤の仕事も行っていて、身内の病気なども重なったことからストレスや疲れからきているのではないかと考えられるが、仕事を休んだり辞めたりするわけにもいかず、悪化する症状に不安を感じながら来院なさいました。

他の症状
頭痛、右の歯を治療中

 

既往歴
特になし

四診と経過

診療(指針と施術)

元々は人に対してとても思いやりのある方のようですが、いつの間にかそれも重荷になるくらいバランスを崩してしまい、どう人と接すれば良いか、どう考えれば良いかわからなくなっていました。実際には身体の不調はなくても、バランスが崩れているのは確かなので、経絡の流れを整えて、背中や肩の緊張を緩め、温めることと同時に、話をたくさんすること、的確ではない思考の時は、厳しくご助言させていただきました。同時に、おしゃべりが楽しいということを感じていただくように心がけました。


初診後の経過

週2回の施術から週1回へと減らしても日常生活におけるご本人のバランスも安定してきたようで、現在は元気に生活をされているとご報告を受けています。

 

主要なツボ

①肺兪(はいゆ) ②脾兪(ひゆ)
③胃兪(いゆ)  ④志室(ししゆ)
④百会(ひゃくえ)⑥膏肓(こうこう)

 

ひとこと添えさせていただきます

気持ちのバランスが取れなくなると、身体の様々なところが気になり不安に襲われることもあります。そうしたことを「不安神経症」などととして片づけてしまうのは簡単ですが、まずはお身体のしんどいところを改善することやじっくりとお話をして気持ちや考え方の修正をすることで、本来のお身体、精神状態に戻っていきます。こうしたことは誰しも起こり得るものですが、お身体からアプローチし心身のバランスを取ることは鍼灸はとても有効です。