治験例

関節リウマチ

プロフィール
 女性   40代  神奈川県在住

初診
 2011年 4月

 

 

 

来院されるまでの症状
歩行時に左趾の付け根が痛み、足に力が入らない状態でした。また、両手指がむくみやすく、特に朝方は第2関節の痛みを伴い、腫れぼったくなります。手足は冷えやすく、なかなか温まらないというのが気になりご来院されました。 

title_04
左膝関節症・肩こり

title_05

特になし

 

 

四診と経過

診療(指針と施術)

両肩から腕の張りをほぐし、特に手指のむくみと第2関節の腫張に施灸をし、循環を良くする治療を施しました。左腰部から左臀部に緊張感があり、左下肢の循環が悪かったです。左腰部から臀部にかけて緩め、痛みのある足裏(趾の付け根)に施灸しました。


初診後の経過

週に1回のペースで10回目の治療時には、左手指のむくみは軽減しており、治療後には手指も足裏も楽になったご様子でした。まだ右手指はむくみやすく、趾の付け根は夕方になると(長時間の立位や歩行)痛くなるので、7~10日に1回のペースで治療を継続していらっしゃいます。

主要なツボ

 ①手三里(てさんり)
 ②承山(しょうざん)

 

 

ひとこと添えさせていただきます

関節リウマチは関節を動かしながら血流を良くし、進行を防ぐことが大切です。動かしやすくするには、定期的な鍼灸治療が有効といえます。