治験例

不安神経症2

プロフィール
 女性   30代  神奈川県在住

初診
 2017年 3月

主訴
 
不安感、焦燥感のため動悸がする

 

 

来院されるまでの症状
数年前から不安や焦燥感から息苦しくなり動悸が仕事中になることが多くみられるようになってきました。たまにマッサージに行っていたがあまり効果がみられなかったため来院されました。他にも自律神経の影響で生理痛も重く、普段から下痢しやすく、お腹すいても食欲なく食べられない、睡眠時間は短い上に2回も途中で起きてしまう等の症状もありました。座り仕事のため腰痛にも悩まされていらっしゃいました。

他の症状
動悸、肩こり、腰痛、生理痛、下痢、食欲ない、浅眠

 

既往歴
特になし

四診と経過

診療(指針と施術)

首肩が表面から緊張し、背中は全体的に艶がなくざらつき、特に肩甲骨の間に硬いこりがありました。腰はハリが無く軟弱でだるそうな印象を受けた。食欲がない上に下痢気味なので、食べ物をうまく消化できていませんでした。身体に必要なものを吸収して身体を動かすエネルギーがないため、皮膚の艶は悪くざらついていたので浅めの鍼で気を巡らすよう施術いたしました。


初診後の経過

まだ初診から数回程度の治療ですが、鍼灸治療を終えた後は身体がすっきりとし楽になり、治療終えた晩は熟睡できるようになりました。
まだ仕事を始めると徐々に身体が緊張し、気持ちが不安定になり動悸が出てくるようです。しばらく週1回ペースで通院し、徐々に身体の緊張をほぐし自律神経が整い様々な症状が改善されることを期待されてます。

 

主要なツボ

①翳風(えいふう) ②缺盆(けつぼん)
③心兪(しんゆ) ④膈兪(かくゆ)
⑤大包(たいほう)

 

ひとこと添えさせていただきます

仕事上のストレスで自律神経が乱れてしまう人は多くいらっしゃいます。人間関係でも気を使いすぎたり、パソコンの見過ぎや残業が増え身体を酷使すると血も消耗されていく人は多いと思います。今回のように不安感や焦燥感に現れる人、休日ゆっくり過ごしても疲れが取れない人、睡眠時間が少なくや食欲もないなど。数回程度で症状が改善される人もおられますが、長年の積み重ねによるものなので本来その人が持つ自然治癒力を引き出し、気長に身体のメンテナンスを行うことが大切だと思います。