治験例

腰痛症

プロフィール
 女性   10代  神奈川県在住

初診
 2016年 7月

主訴
 
腰痛

 

 

来院されるまでの症状
小学生の頃からバレエを習っており、そのときから腰痛を患っていたそうですが、1か月くらい前に学校の体育の授業にて無理をして腰痛が悪化しました。腰から仙骨あたりが痛み、右脚にもしびれが出て前屈すると痛むような状態でした。一か月後にバレエの発表会を控えているのでそれにまでに何とか治したいということで来院なさいました。

他の症状
脚のしびれ、足の冷え

 

既往歴
腰痛ヘルニア(右)

四診と経過

診療(指針と施術)

腰から仙骨あたりを触診すると板のように強張っており、足先もかなり冷えている状態でした。まずは、腰から仙骨回りのこわばりを緩めることを優先し施術することにしました。また、幼いころからの慢性的な腰痛のために腰の深い部分も固くなっており、また下肢全体もこわばったいました。現在出ている強い痛みが引いたあとはその深い部分のこわばりを除くことを次の目的として施術することにしました。


初診後の経過

施術開始から1ヵ月の間に、腰の痛みはゆるやかに軽減していきましたが、再び重いものを持ち痛みが悪化することもありました。発表会では踊れるまでになりましたが、完治までには至らずにいました。その後、半年後にまた体育の授業で前回と同じような痛みが発症し、来院されました。今回も前回と同様に5回目の治療ではだいぶ痛みが治まりましたが、現在は予防を兼ねて治療を継続しています。

 

主要なツボ

①腎兪(じんゆ) ②志室(ししつ)
③次髎(じりょう)

 

ひとこと添えさせていただきます

バレエという身体に負担のかかる運動をされていることもあり、慢性的な腰痛で凝りも深いところまでに及んでいました。そういう方は、ちょっとしたことでギックリ腰になりやすい状態になっています。ご本人もそれを痛感しているようで、最近は鍼灸だけでなくストレッチもしっかりするようになり以前より楽だとおっしゃっていました。ストレッチ効果と、長く患っていたものはじっくりと時間をかけて治していくことが大切だということを痛感します。