MENU

鍼灸のキーワード

鍼灸のキーワード

鍼灸院秀鳳の鍼灸治療では、どのようにからだを診て、治療を行っているのでしょうか。
ちょっと専門的な内容になりますが、お読みいただくと、いつもの診療の理解が深まることでしょう。

1. 本治法(ほんちほう)

本治法と標治法

本治法とは、からだ全体の調整を目的とする治療法です。
古典医学書に基づくシンプルな治療法で、最小限のツボを活用しながら、身体に余計な負担をかけることなく最大の治療効果を発揮します。
本治法により、生命力が強化され、病を治す力(自然治癒力)が高まり、病を根本から治癒してゆきます。

それに対し、標治法とは、症状の現れている局所に対して直接施術を施す治療法です。
患者さんの訴える苦痛が強く、本治法のみでは直接効果があげにくい、または、治癒に時間を要する症状には、標治法を加える必要があるのです。
急性症などの場合にしばしば即効性が現れます。

このような特徴を持つ本治法と標治法の相乗効果によって、より治療効果が高まるのです。

2. 四診法(ししんほう)

東洋医学の四診法、西洋医学の四診

東洋医学でも西洋医学でも、最初に診察から始めます。

東洋医学の四診法(望診・聞診・問診・切診)と
西洋医学の四診(視診・聴診・問診・触診)は、
望診が視診、聞診が聴診という具合に、それぞれが対応しているようです。

望診(ぼうしん) 病状を視覚的に判断します。(例 姿勢や顔色、表情など)
聞診(ぶんしん) 耳や鼻で病状を判断します。(例 声や臭いなど)
※病気によって特殊な臭いを発する場合があります。
問診(もんしん) 病状や病歴について質問してゆきます。病状を時系列に整理したり、環境との因果関係を把握するために重要です。
切診(せっしん) ⇒切診の項目で詳しく説明しています。

大野院ベランダガーデン
より臨む青空。

大野院治療室。
光の降り注ぐ落ち着いた空間です。

3. 切診(せっしん)

東洋医学の重要な診察法

切診は、手で身体を触れることによって病状を把握する診察法で、東洋医学では特に重視されています。
切診は西洋医学の触診に対応しているようにみえますが、厳密には切診の一部であるといえるでしょう。
質感や温度、硬さなど、手掌で察知される身体の微細な情報から健康状態や不調の原因などを把握してゆきます。
基本となるのは、腹部の状態をみる腹診と両手首の脈を診る脉診で、治療方針を決める重要な手がかりとなります。

四診法に腹診と脉診を加えて六診法とする学説もあります。

4. 脉診(みゃくしん)

秀鳳は、脉診を診療の要としています。
脉診では、両手首の3点、計6個所の脉が発する多種多様な信号をとらえ、症状の所在や程度を把握します。
秀鳳で用いているのは、主に脉状診と比較脉診です。

脉状診では、脉の速さ:遅数(ちさく)、深さ:浮沈(ふちん)強さ:虚実(きょじつ)などの脈の状態を、 比較脉診では、五臓六腑の状態を診てゆきます。

西洋医学でも手首の脈によって循環器系の状態を診ていますが、 これは東洋医学の脉診から一部を導入したものといわれています。

5. 経穴(けいけつ)と経絡(けいらく)

東洋医学、ことに鍼灸では経穴(けいけつ)と、それを結ぶ経絡(けいらく)は、診療のキーポイントとされています。
というのは、経穴は、身体表面上の特別な場所で、診察ポイントであり、治療ポイントでもあるからです。
ですから、優秀な鍼灸師とは、経絡と経穴の達人ともいえます。